トップ
地図から検索
地区名索引
キーワード検索



 上田の伝説散歩常田周辺の巻科野大宮社

創立年は不詳ですが、『上田市史』によれば、崇神天皇の御代、神八井耳命の孫で当時科野国(信濃国)の国造であった、建五百命の創建で、科野大国魂神とよばれ、国造や県主が崇敬していた神社といわれています。
天平年間(七二九〜四九)に信濃国分寺がつくられた頃は、国府の官祭が行われたと伝えられており、総社大宮とも呼ばれたようです。総社大宮、あるいは科野大宮という呼称、さらには諸国の国府所在地にみられる六所明神が境内にあること、信濃国分寺に近いことなどのことから、古代小県郡にあった信濃国府の総社であったのではないかと言われています。
 
撮影日:
地区/自治会: 01東部/上常田
シリーズ: 上田ところどころ 史跡(寺社)
登録されているキーワード: 神社 観光  
 
Hint - 写真をクリックすると大きな画像が表示されます

[戻る]


[上田情報蔵トップ] [地図から検索] [地区名索引] [キーワード検索]



© Ueda City Multimedia Information Center All Rights Reserved.