上田情報蔵
戸石米山城
 
上田市の北東部、東太郎山の一部分が上田盆地に突き出している尾根に、戸石城(砥石城とも書く)があります。神科地区の金剛寺、伊勢山、畑山の三つの集落にまたがっているこの城は、三つの郭からできており、北から桝形城、本城、戸石城と呼ばれています。そして、戸石城から南西の方向には、米山城と呼ばれる一郭があります。これらを総称して戸石城、または戸石米山城といわれています。一説には、現在の坂城町を中心に北信濃を勢力範囲としていた村上義清が、当時、着々と信州に力を及ぼしてきた甲斐(今の山梨県)の武田信玄の侵攻に備えるために、戸石城を築いたともいわれています。
戸石米山城には、いくつもの登山道があり、また、枝分かれする道が多いので、実にさまざまなルートの組み合わせができます。
その中でも、一般的に知られている三つのコースを紹介します。
一つめは、金剛寺地区からの登山道。いちばん利用度が高いといわれています。
二つめは、伊勢山地区同和集会場付近からの登山道。
三つめは、伊勢山の集落の北にかる陽泰寺側から登る、大手口道と呼ばれる道です。
 
撮影日: 平成3年7月18日
地区/自治会: 10神科/伊勢山
シリーズ: 上田ところどころ 史跡(城)
登録されているキーワード: 神社 史跡 その他の交通 
 
Hint - 写真をクリックすると大きな画像が表示されます
画像(768 x 512) 画像(768 x 512) 画像(768 x 512) 画像(768 x 512) 画像(768 x 512) 画像(768 x 512) 画像(768 x 512)

[戻る]